シングルマザー

【いろんな条件で比較!】シングルマザーにおすすめな仕事3選【正社員】

こんにちは。楽しく生きてるシングルマザー、もみじです(^^)

シングルマザーの仕事事情って、正直厳しいですよね?

今までお仕事をしていた場合でも、生活環境の変化から転職せざるを得なかったり、シングルマザーになって仕事を探し始めたお母さんもいるでしょう。

考えれば考えるほど、いろんな条件が頭の中をグルグル回ってしまい子供と自分の将来に不安や悩みを抱えていませんか?

この記事では、

シングルマザーにおすすめしたい仕事3つを厳選し、仕事を探す時気になる条件を比較して紹介します。

【シングルマザーの仕事探しの条件】

仕事探しの条件は家庭環境によって異なりますが、最低限、気になることをまとめました。

今回の条件はこちら(正社員の場合)

仕事の条件(正社員)


【①お給料】総支給の平均額

【②ボーナス】平均支給額(求人情報や、ネット、聞き込み等で調べました。)

【③勤務時間】決まった勤務時間制、シフト制、ローテーションの交代勤務制のどれか

【④休日】長期休暇の有無。休日の曜日が決まっているのか

【⑤就職のハードル】資格の有無・経験の有無は影響するか

【⑥スキルアップ】収入アップは見込める?

【⑦体力】肉体労働か。メンタル重視か。

【⑧家庭の事情に配慮がある職種なのか】面接時きちんと伝えることが一番大事です

以上、8つの条件で比較していきます。

【おすすめの仕事3選!】

今回は、未経験からでも仕事に就きやすい正社員の仕事を優先してランキングしました。

【おすすめ1位】介護職

介護職は、【無資格・未経験】でも正社員として歓迎されやすい仕事です。

シングルマザーが多い業界でもあり、働き方の選択肢も豊富なので、おすすめです!

・求人が豊富で就職において、シングマザーのハンデをあまり感じない

・働きながらスキルアップでき、努力次第で収入アップできる

自分の家庭の状況によって、働き方を選ぶことが出来る

【主な仕事内容】

介護施設を利用している高齢者を介護するのが主な仕事です。身体介護から、精神的なケアまで、覚えることはたくさんありますがやりがいを感じられます。肉体労働なので体力に自信のない方には、きつい職場です。

筆者の私も、働いていました。働きながらヘルパー2級の資格を取得しました。今は介護業界を離れていますが、また戻りたいと思った時は資格と経験があるので有利に働くと思います。

介護職

【①お給料】平均の月収:約20万円~23万円程度。収入が低いと言われがちですが、少しずつ改善されてきていると感じます。実際私が働いていた8年前は、夜勤も含めて月収は約19万円でした。夜勤のある施設かによって、収入に差がでます。

【②ボーナス】約15万円~45万円程度と就職する会社によってかなり支給額に差があるが、ボーナスが支給される会社が多いです。

【③勤務時間】介護職は、夜勤が必須と思われがちですが、職場にも色々な選択肢があるので勤務時間も就職先によって選ぶことが出来ます。人手不足な現場が多いのでシングルマザーも歓迎されやすい業種だと思います。*入所者さんが生活をしている施設の場合:日勤と夜勤など交代制の職場が多い。*デイサービス:朝~夕方の勤務が多い*ホームヘルパー:自分の都合に合わせて働ける事が多い

【④休日】休日も施設によって違いがあります。交代制の勤務シフトに入る場合、年末年始などの長期休暇中も年中無休で施設は稼働しています。しかし、シングルマザーの事情に配慮して休日を調整してくれる職場も多いように感じます。デイサービスであれば、土日休みの場合が多く夜勤もありません。

【⑤就職のハードルは?】無資格・未経験でも就職しやすい。1位の大きな理由です。子供が小さい場合などは特に、正社員の仕事に就くのは簡単ではありません。しかし介護職は、シングルマザーを応援している企業もたくさんあります。

【⑥スキルアップを望めるか】働きながら資格取得できます。また、介護の現場で実務経験を積み、実務者研修を修了すれば、【介護福祉士国家試験】にチャレンジ、さらにその先には【ケアマネージャー】という資格も目指すことが出来ます。スキルアップすることで昇給も期待できます。

【⑦体力】体力もメンタルも必要な仕事です。排泄介助や入浴介助は決して楽ではありませんし、高齢者の方が快適に過ごせるように常に心遣いを必要とします。覚悟をもって応募しましょう。

【⑧家庭の事情に配慮があるのか?】介護職は子育て世代の女性が多く活躍している仕事ですし、配慮してくれる職場は多いように感じます。面接時、採用されたいあまり無理した条件を言わず、自分の家庭の事情をきちんと説明しておくのも重要です。

介護職で働きたいと考えているけど忙しいシングルマザーにピッタリ。

応募フォームはチャット型で1分で入力できておすすめ。

来店不要で転職支援サービスが受けられる転職サイト 

無料の転職支援サービスあり【ココカイゴ転職】

【おすすめ2位】コールセンター

コールセンターの仕事は、高時給が魅力です。

しかし、正社員としての採用は少なく派遣社員が多いです。安定した雇用の面では少し不安があります

では、コールセンターで働くメリットは?

・勤務時間が決まっている職場が多い

・希望シフト制が主なので休日も自分で調整できる

・大人数の職場が多いため急な欠勤などにも対応してくれる場合が多い

コールセンターの主な仕事内容】

電話対応とその情報をパソコンに入力する業務です。おもに2種類があり、発信業務と受信業務に分かれます。

【発信業務:アウトバウンド】クライアントの目的に合わせ用意されたリストに沿ってこちらから電話をかける業務(ノルマがある場合もあり)

【受信業務:インバウンド】お客様センターや問い合わせ窓口など、顧客からかかってきた電話に対応する業務(クレーム対応あり)

インターネットの普及によって、コールセンターの仕事の求人は増えているようです。

コールセンター

【①お給料】平均月収約20万円~24万円程度(平均時給1300円~1500円)

【②ボーナス】派遣社員の場合:ボーナスはないことが多い。正社員の場合:平均年間100万円ほどなようです。

【③勤務時間】派遣社員の場合:勤務時間がきっちり決まっていて、残業もほとんどない。

【④休日】希望シフトを自分で申告する場合が多い。大人数で仕事をしている職場が多いので、基本的に休みを取りやすく学校行事などにも参加しやすいので、シングルマザーにおすすめです。

【⑤就職のハードルは?】派遣社員で採用されることが多く、正社員採用のハードルは高い。派遣社員でも、福利厚生はしっかりしている会社が多い。

【⑥スキルアップを望めるか】コールセンターの採用状況は、派遣社員スタートが多いので、正社員になることを目指す。派遣社員でも高時給なので生活は出来ますが、雇用の安定の面では少し不安が残ります。

【⑦体力】クレーム対応のお仕事では、強いメンタルが必要だと言われてます。仕事とプライベートの切り替えができるとスムーズに仕事ができそうですね。【しかし、実際の口コミを調べると、職場によって受ける電話の内容もさまざま。メンタルが強くなくても続いている。などの意見もありました。】仕事内容をよく確認しましょう。

【⑧家庭の事情に配慮があるのか?出社して働く場合、スタッフが大勢いる職場が多いので「子供が熱を出して・・・」など、シングルマザーにありがちな欠勤にも対応してやすい職種だといえます。

【おすすめ3位】一般事務

シングルマザーに一番選ばれている職種です

オフィスワークなので体力的にも無理なく働くことが出来ます。ほとんど夕方までの勤務である事や、土日祝休みの職場が多いので人気があります。その一方で、競争率が高く無資格・未経験の場合、正社員として採用されるのはハードルが上がります。仕事内容や条件がシングルマザーにピッタリなので、積極的にチャレンジしていきましょう。

なかなか採用に結び付かない時は、簿記の資格を取得したり、PCスキルを身につけてから再チャレンジをするのもおすすめです。

介護事務や医療事務などさまざまな事務作業がありますが、どれもシングルマザーに人気があります。

一般事務の仕事内容は、事務所を運営するために必要な一般的なオフィスワークです。会社ごとに使用している定型ファイルにデータを入力したり・書類整理・電話対応など・・・ほかにもオフィスで求められるいろんな仕事をしています。

一般事務

【①お給料】平均月収17万円~20万円程度

【②ボーナス】会社によって金額はさまざまですが、大手の会社の場合:平均40万円程度。事務員が一人しかいないというようなアットホームな会社の場合、ない場合もあります。

【③勤務時間】職場によって多少の違いはありますが、一般的に8:30~17:30の勤務時間が多い。

【④休日】祝が休日の職場が多いので、保育園や学校の予定に合わせやすいのでおすすめです。

【⑤就職のハードルは?】事務職は、未経験・無資格・シングルマザーという条件だと正社員雇用のハードルは少し上がります。人気がある職種なので競争率が高く、即戦力の人材を雇うため経験者を優遇する場合が多いからです。

【⑥スキルアップを望めるか】経験を積むことで事務職に転職する場合には有利に働きます。PCスキル(Word・Excel)がある程度自然に身に付くでしょう。

【⑦体力】デスクワークでパソコン作業が多いので、眼精疲労やむくみには注意ですね。仕事内容に電話対応や来客対応なども含まれるので、多少気疲れしてしまうかもしれません。しかし、体力的にもメンタル的にも働きやすい職場が多いのではないでしょうか。

【⑧家庭の事情に配慮があるのか?事務員が自分一人しかいない職場・つまり代わりのいない職場の場合だと、子供の急病などの場合休みずらいかもしれません面接時に、自分の家庭の事情をきちんと説明しておくことが大切です。

【番外編】すごくおすすめだけど、ハードルが高い仕事。

番外編として、少しだけご紹介します。

【看護師】国家資格が必要です。

看護師

【看護師】

・お給料・・・平均月収30万円前後・ボーナス50万円~100万円=平均年収450万円程度。

・看護師の職場・・・病院、介護施設、保育所、学校、などがあり実務内容は職場によって違います。

・勤務時間・・・色々な職場を選べるので、ライフスタイルによって変えられます。(病院では、託児所を併設している場合がある)

看護師の仕事は引く手数多です。収入も申し分なく、働く環境を選ぶことも出来ます

看護師は、本当におすすめの仕事です!

しかし、国家資格を取得するのは、とても大変です。子育てをしながら学校に通わなければいけません。学校に通いながら、生活費も捻出しなければなりません。さらに勉強もしなければいけません。

大げさではなく、血の滲むような努力が必要ではないでしょうか。

それでも、看護師を目指したいなら!!

【高等職業訓練促進給付金等事業】という、都道府県が実施する母子(父子)家庭を支援してくれる就業支援制度があります。

簡単に説明すると、

看護師になるために学校に通っている間(上限3年間)の生活費を【最高月額10万円まで】支給してくれる制度です。支給金額は、市町村民税非課税世帯か課税世帯かなどの条件によって異なります。

支給要件など詳しい制度の内容は、厚生労働省のホームページに記載がありますので調べてみてください。

【在宅ワーク】正社員ではなく、個人事業主です。

子供が小さいシングルマザーが、自宅で仕事が出来たら嬉しいですよね!在宅ワークとってもいろんな稼ぎ方がありますが、【在宅ワークだけで生活費の全てを稼ぐ】となると、経験を積み、スキルも積み上げていかなくてはならず簡単ではありません。

【在宅ワークってどんな仕事がある?】

・ブログ運営(アフィリエイト)

・Webライター

・動画編集

・転売

・データ入力

など、今は紹介しきれないほど、たくさんの仕事があります。

本気で在宅ワークを本業にしたいと思う方は、パソコンを準備して努力するのみです。



【まとめ】自分に合った仕事を探そう

【チャレンジしてみたい】【この仕事なら出来るかも】と思えるような仕事はありましたか?

どの仕事をおすすめしようかと迷いましたが

シングルマザーになった時、子育てと仕事の両立が出来て、未経験・無資格でも正社員で働ける。スキルアップによって収入アップの可能性もある【介護職】が一番おすすめです。体力的に厳しいのが少しデメリットですが、チャレンジする価値は、あります。

シングルマザーは働かなければ生きていけません。でも自分自身が心も体も元気でなければ子供が生きていけません。だから、自分に合った仕事を選ぶことは、とても大きな意味があります。

頑張りすぎるシングルマザーはとても多いと思いますが、あまり完璧を目指さしすぎず、周りを頼りながら、仕事をしていきましょう。

皆さんの毎日に、笑顔がふえますように。

ABOUT ME
たむら もみじ
たむら もみじ
・23歳からシングルマザー、現在34歳 ・宅トレダイエットで、4キロ減量に成功中 ・ゆるい糖質制限もやってます ・犬好き、現役トリマー・アニメも大好き