ダイエット

【30代・ダイエットを成功させるマインド】意識するだけで変わる。気持ちの問題を解説。

唐突ですが、【ダイエット挫折あるある】何個あてはまりますか?

  • 30過ぎたら痩せにくくなるって聞いた。実際、運動しても痩せないしやめてしまった。
  • 食事制限してたら、立ち眩みがして怖くなった。危ないと思ってやめた。
  • 食べちゃダメだと思ったら、結局ストレス爆発して食べ過ぎて、その瞬間心が折れてやめた。
  • こんなに頑張ってるのになぜか体重増えるし、悲しくてイライラしてやめた。。
  • 毎日運動するって決めたのに、気分がのらなくて出来なかった。そのまま挫折。

誰でも一つくらいは、心当たりがあるはず…

私は、全部経験がありますw でも失敗したのは、自分のせいではありません。

正しい知識がなかっただけ!【だって20代のころは、同じことをしてすぐに痩せたから】

現在34歳の筆者、正しい知識を勉強しながらダイエットをはじめて9カ月…4キロのダイエットに成功中です。これからもダイエット続けます。ボディメイクに年齢は関係ない。

この記事では、

【重要】ダイエットを成功させるためのマインド。

・正しいダイエットの知識って何なのか

・30代はどうして痩せにくいと感じるのか。カラダの変化

を説明します!!

年齢とともに変化したカラダのこと、ダイエットのコツを知って、

「もう、やめる…」とならないように気持ちをコントロールしていきましょう。

30代のダイエット、成功のための考え方。

「ダイエット=日常の食事・食事療法」って知っていましたか?

「痩せる」という意味ではないことを知っていてください。

ダイエットは長期間が基本。一生続けられるかな?と考えてはじめよう。

これからダイエットをはじめるなら、コツコツと一生続けていけるようなメニューを考えてはじめましょう。30代のダイエットでは、健康的に痩せることが一番大事だからです

一か月で5キロ痩せる!というような短期的なダイエットをしても、健康的に痩せるのは難しいと思います。例えば「一日一食ダイエット」のような極端なダイエットをすれば、体重は減ると思いますが、筋肉も落ちてしまいリバウンドする確率が高いです。それに加えてストレスも溜まり、体力までなくなる…これでは老けてしまいます。体重が減ったとしても、成功と言えますか?

また、無理をして一時的に痩せたとしても、やめた途端に太りはじめた…では意味がありません。自分を追い込んで無理なダイエットをするのはやめましょう。結局、続かないからです。

正しいダイエットは、適度な食事管理と運動をコツコツ続け、それを習慣づけることによって痩せやすいカラダを作ることです。小さな変化でも、塵も積もれば山となります。努力は裏切らない。

30代だからこそ、健康的で綺麗な女性を目指しましょう!

小さな変化の積み重ねが、大きな変化を生む。

コツコツ小さな努力…って具体的には?

例えば…明日から、炭水化物は一切食べません!毎日絶対に1時間歩きます!って、決意しても一生続くでしょうか?私は、続けられません。

では、「食事は、野菜から食べよう」「今日はスクワットを10回してみよう」「毎日お菓子を食べていたけど、3日に1回にしよう」これなら出来そうではないですか?今までしていなかった、体に良い習慣を無理のない範囲で続けてみましょう。

これが当たり前になってきたら、「炭水化物を少しへらして、タンパク質多めの食事を心がけてみよう」「スクワットにプラスで、プランクも挑戦してみよう」のように、少しづつハードルを上げていきましょう。これを繰り返していきます。いつのまにか、30分動いても息切れしなくなっているはず。

半年…1年…と続けた時、ダイエットをはじめた当初より体力もついてボディラインも変化していると思います!しつこいですが、塵も積もれば山となりますよ。

今日いっぱい食べたら、明日減らせばいい。

ダイエット挫折の原因にありがちなのが…

「我慢…我慢…とにかく我慢…」の苦しい食事制限をして、緊張の糸がプツンと切れた瞬間食欲が暴走。頑張っていただけに反動も大きく、心が折れてしまったパターンです。

我慢ばっかりなんて、続けられません。

食事は生きていくために必要な習慣です。食べるもの、時間、順番を意識するだけで体は変わります。だから食事制限ではなく、食事管理をしましょう。人それぞれに食欲との付き合い方があると思います。

例えば私の場合、食べる事が大好きですが、運動も好きです。食べる量を減らしたり・スイーツが全く食べられないのは、ストレスが溜まってしまい続きません。

そこで私のマイルールが、「一週間で2回はスイーツを食べてもいい」「夕食が丼ものの時は、お米を豆腐に変える」「食べ過ぎた時は、いつもより長めに有酸素運動をする」というルールを決めて、普段の食事は、内容も特別気にしませんし順番に気を付ける程度で、普通に食べます。しっかり食べますからきつくないんです。

何か自分に無理のない範囲で、

・夜ご飯は、お米を減らして炭水化物を減らす

・夕食を6時までに済ませる

・たくさん食べた次の日は、食事量を調整する

など、自分だけのマイルールを決めるのもおすすめです。ストレスが溜まらない程度の管理を続けましょう。大事なのは、ダイエットをしているという意識をもって生活することです。意識しているだけで、好きなものを好きなだけ食べる生活にはならないものです。

運動したくない時はしない。明日、やればいい。

「毎日絶対に、この運動をする!」と自分を追い込むのはやめましょう。一生続けられないからです。無理を続ければ、筋を痛めたり、腰を痛めたり…体に支障が出ることもあります。

コツコツと、自分が積み重ねられる範囲ではじめれば良いんです。

今まで運動していなかったなら、週に2日でも3日でも運動をすれば必ず効果があります。今までの自分より、カロリー消費していますからね!

気持ちが乗らない時は運動せず自分に優しくしてあげるようにして、また明日頑張りましょう。

筋トレも有酸素運動も、急激に見た目が変化する訳ではありません。でも、コツコツと続けていく事で少しずつボディラインは変化してきます。そして、せっかく鍛えてもコツコツ続けなければ、逆戻りしてしまいます。

運動こそ、自分のペースで続けていくのが成功のカギです(^^)

誰かのためじゃなく、自分のために頑張ればいい。

ダイエットを真剣にしていると、「なにを目指してるの?」って言われたことありませんか?

私は言われたことがありますw 

「自分がなりたい自分を目指している」んですが、なにか?って思うようにしています。

いつまでも、「キレイになりたい。」自分の気持ちを、自分自身が大切にしてあげましょう。

周りに何を言われても気にしない!

体重、増えても気にしない。自然なメカニズムです。

体重を測るのは、ダイエットをしている意識を保つために必要だと思います。が、体重の増減に振り回される必要はありません。

ダイエットをはじめた時の体格によって個人差はありますが、筋肉を増やして基礎代謝をあげたい・カラダを引き締めたい場合は、体重は増えてしまう事もあります。筋肉は脂肪よりも3倍重たいので、脂肪が減って筋肉が増えれば、体重が増えてしまう事もあります。

また、ダイエットをして痩せると、人間の生命維持機能が発動して体重が減りにくい停滞期もきてしまいます。

それに加え、女性は毎月の生理周期に体重の増減がありますよね?生理前や生理中は、体に水分を溜め込んでしまうので体重は増えます。

これは、すべて当たり前の現象です。気にしなくていいです!悔しくなりますが、コツコツ頑張っているダイエットの意味がなくなる訳ではありません。「仕方ないことで、時期が過ぎれば効果は表れてくる」と信じて乗り切っていきましょう。体重ではなく鏡に映る自分をしっかり観察しましょう。大事なのは、ストレスを溜めないことです。

*ただし、一週間食べ過ぎている…など体重増加に思い当たる節がある時は、生活習慣を修正しましょうネ。

正しいダイエットって、何だろう

年齢を重ねた女性にとって正しいダイエットは、

体重にとらわれず、健康にきれいなボディラインを作っていく事です。細ければ良いわけではありません!

そのためには、バランスのいい食事・筋トレをして基礎代謝アップ・ストレスを溜めない事などが重要ですよ。コツコツと長い時間をかけて、生活習慣にダイエットを取り入れるのがベストだと思います。

極端なダイエットをした時【体重が減った=痩せた!】と勘違いをしてしまいやすいですが、体脂肪と一緒に筋肉まで減ってしまった場合、ダイエットが成功したとは言えません。

筋肉が減り続けるダイエットをしてしまうと、基礎代謝も減って、結果的に太りやすく痩せにくい体になります。また、筋肉が減るという事は、体力も減るという事です。

体重が減るだけで、「痩せにくく・スタミナもなくなる」なんて悲しいと思いませんか?

短期集中の過激なダイエットをしないように気を付けてください。

30代は、どうして痩せにくいのか。

どうして痩せにくくなったのか、原因を知っていると対処もできますし、気分も楽になります。

【原因その①】30代になると、何もしなければ基礎代謝が低下してしまうから痩せにくい。20代の頃と同じ生活をしているだけで年間2キロも太る体になってしまうと言われています( ゚Д゚)

【原因その②】筋タンパク質を守る役割がある女性ホルモン・エストロゲンの分泌量が減ってしまうため、筋肉量も減ってしまうから痩せにくい。30代は特に腰回りの筋肉が低下する傾向にあるので、ボディラインも崩れてしまいます。

【原因その③】さらに女性ホルモン・エストロゲンが減少すると内臓脂肪を溜めやすい体になり痩せにくくなっている。

【原因その④】忙しい30代は、ストレスや不規則な生活のせいで自律神経が乱れてしまい、老廃物が溜まりやすくなるから痩せにくい。

年齢を重ねた自分のカラダとじっくり向き合ってみるのもおすすめです。

まとめ【ダイエットと健康は、セット】

30代になり、カラダの変化や生活習慣の変化でダイエットが成功しにくくなっているカラダ。

それでも、自分を好きでいたい!ダイエットの成功は、自信を持たせてくれますよね(^^)

30代のダイエット成功は、痩せやすく太りにくいカラダを作っていくことだと思います。無理をすれば体調を崩してしまう年齢だからこそ、【ダイエット=健康なカラダづくり】が正しい知識です。良い生活習慣をつけていくダイエットですから、「これなら一生続けていける」と思える範囲でコツコツと運動や食事管理をしましょう。

急激な変化はなくても、「体重はあまり変わらないけど、ボディラインがきれいになった」「なんだか体調が良い」「冷え性がマシになった」など…必ず効果を実感すると思います。

努力は裏切らないので、

一緒に自なりたい自分を目指してのんびりダイエット習慣続けていきましょう!

読んでいただいて、ありがとうございました!

ABOUT ME
たむら もみじ
たむら もみじ
・23歳からシングルマザー、現在34歳 ・宅トレダイエットで、4キロ減量に成功中 ・ゆるい糖質制限もやってます ・犬好き、現役トリマー・アニメも大好き