お金

シングルマザーがiDeCo活用したら、お得がたくさんあるって知ってました?

iDeCo

子供が中学生になったころから、手をかけるよりお金がかかる。

「さぁこれからは、お金稼がなきゃ!」とバリバリ働き始めてみたら

児童扶養手当が、一部支給停止になった!税金が上がった!?こんなシングルマザーの方々。

子供最優先で頑張り続けているシングルマザーの皆さん、子供が自立した後の自分の事、考えてます?

そろそろ老後の生活資金、計画していかなきゃなぁ・・・と思っているあなた。

 iDeCo検討するの、ありです。

この記事では、iDeCo(イデコ)とはそもそも何なのか

シングルマザーにiDeCoをおすすめする理由

解説します。

この記事では、iDeCo(イデコ)とはそもそも何なのか

シングルマザーにiDeCoをおすすめする理由

解説します。

【iDeCo】ってなに?

個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは、

老後のために公的年金では足りない生活費をまかなうため、毎月一定額の掛け金を支払い、その掛け金を運用してお金を増やし、将来受け取るという年金制度のようなものです。

つまり、老後のための資産形成を目的とした制度です。

*iDeCoは、100%利益が出る商品ばかりではありません。

⦅最重要⦆*原則、60歳まで運用中の掛け金は引き出せません。

よく考えて、計画を立ててから、はじめましょう!

iDeCoに加入できない人・おすすめしない人から説明します。

iDeCoは、原則20歳以上60歳未満で、国民年金や厚生年金に加入している方が加入できる制度です。(日本に住んでいないと入れません)

よって、国民年金を免除(または猶予)している方は加入できません

iDeCo、まだおすすめしませんと思う人は?

  • 低所得世帯で生活に余裕がなく、所得税が低い人
  • まだ、貯金がない人

iDeCoは、自分が60歳以降に必要な生活費を準備するための制度です。毎月の掛け金のすべてが所得控除されるという素晴らしいメリットがあります。

しかし、もともと所得税が低い人に対して節税効果はほぼありませんから、加入はおすすめしません。

また、iDeCoは60歳以降にならなければお金を引き出すことが出来ません。現時点で、子供のための教育資金や、急なトラブルに対応できるだけの貯金がない人は、まずはそのための貯金をすることをおすすめします。

iDeCoでは、急なお金のトラブルが起こった時掛け金で対応できないので注意です。

iDeCoを、おすすめする理由を3つ!

iDeCoは、節税に効果的!その効果について説明していきます。

毎月の掛け金が、全額所得控除になる。

所得控除とは、【所得税の計算をする時、iDeCoの掛け金を所得から引いてくれる】ということなので、課税所得が下がり所得税が少なくなります。毎年、課税所得が高い人の節税効果は数万円になることもあるようです!

【掛け金の上限額表】

  月額上限金額 年額上限金額
自営業 68,000円

816,000円

会社員 23,000円 276,000円
会社員(企業型確定拠出年金に加入している場合) 20,000円 240,000円
会社員(確定給付企業年金のみ加入。確定給付企業年金と企業型確定拠出年金に加入の場合) 12,000円 144,000円
公務員 12,000円 144,000円
専業主婦 23,000円 276,000円

【シングルマザーにおすすめポイント】一部支給停止だった児童扶養手当が増える。

児童扶養手当の支給金額の基準は所得です。

【児童扶養手当、所得制限限度額表】

  全部支給限度額 一部支給限度額
子供0人 49万円未満 192万円未満
子供1人 87万円未満 230万円未満
子供2人 125万円未満 268万円未満
子供3人 163万円未満 306万円未満

児童扶養手当の所得限度額を確認してみましょう。

児童扶養手当が一部支給の場合、前年所得金額が上記の表の部支給限度額以上一部支給限度額未満になっています。

iDeCoを活用すると掛け金の全額を所得から引けるので、年収はそのまま、所得が減少。

児童扶養手当の金額が増える!となります。

会社員の場合、最大年間27万6千円も控除が受けることができます。

シングルマザーにとって、大きなメリットだと思いませんか?

でも、60歳までは引き出せないので、シングルマザーに必要になる子供の進学資金などを貯めたい方はそちらを優先しましょう。

iDeCoは、運用による利益が非課税になる

通常の投資の運用益には、20.315%の税率がかかるのを知っていましたか?

iDeCoやNISAを活用せずに投資をして10万円の利益がでても、税金が2万315円も引かれます。

しかし、iDeCoの場合利益の10万円は非課税になりますので10万円のままです。

この差はかなり大きいですよね!定期預金の金利、良くても0.2~0.3%の時代ですからね。

利益をそのまま再投資して、より大きな利益を目指せます。

でも、iDeCoは必ず利益が出る商品ばかりではないことをお忘れなく!

お金を引き出す際、控除を受けられる

iDeCoで運用するお金は原則として、60歳まで引き出すことはできません。

いよいよお金を引き出す時、【一括で受け取る】または【分割で受け取る】かを選びます。

一括で受け取る場合・・・公的年金等控除

分割で受け取る場合・・・退職所得控除

という控除が受けられます。iDeCoには、たくさん節税効果があります。

【節税出来たら、そのお金でご褒美に親子で旅行にもチャレンジできるかも。

iDeCoの賢い、はじめかた。

iDeCoについて理解をしたうえで活用してみたい方に、iDeCoのはじめ方を説明します。

  1. 金融機関を選んで申し込み。
  2. 毎月の掛け金を選択する。
  3. 受け取り方を決める(年金か、一括なのか)

①金融機関を選ぶ

iDeCoは、個人型の確定拠出年金なので、自分で銀行または証券会社で加入手続きを行います。金融機関による違いは、【手数料】と【取扱商品】の二つが主で、特に手数料は貯蓄や節約において、とても無駄なので気を付けて、慎重に選びましょう。

加入する商品は慎重に。60歳になるまで引き出すことが出来ない事を念頭に置いて、商品の内容は隅々まで確認が必須です。(投資信託では、信託報酬という手数料もチェック!)

iDeCoは何十年も続く超長期投資だからこそ、手数料が安いネット証券を選ぶのがおすすめです。

窓口で人が対応してくれるところではその分人件費や経費がたくさん掛かりますから、ネット証券のようには難しいのではないでしょうか。口座開設・資料請求は無料ですので、興味があれば請求してみてください

毎月の掛け金を選択する

iDeCoは、毎月同じ金額を支払う積立型です。毎月5千円から設定できます。収入と支出のバランスを考えて、無理のない範囲で金額を設定しましょう。

【掛金の上限額】

  月額上限金額 年額上限金額
自営業 68,000円

816,000円

会社員 23,000円 276,000円
会社員(企業型確定拠出年金に加入している場合) 20,000円 240,000円
会社員(確定給付企業年金のみ加入。確定給付企業年金と企業型確定拠出年金に加入の場合) 12,000円 144,000円
公務員 12,000円 144,000円
専業主婦 23,000円 276,000円

まとめ

iDeCoに加入するかは別として、シングルマザーは、『自分の未来まで気にする余裕なんて今はない』という方が多いと思います。しかし、ここまで読んでくれたあなたは、やはり老後の不安が頭をよぎるのだと思います。余裕のない時に、無理して貯蓄をする必要はありません。

ただこの機会に、未来の自分のライフプランを一度考えてみて余裕が出来た時、自分に合った制度や金融商品を賢く使っていける手助けが出来たら嬉しいです。

シングルマザーを応援しています。

ABOUT ME
たむら もみじ
たむら もみじ
・23歳からシングルマザー、現在34歳 ・宅トレダイエットで、4キロ減量に成功中 ・ゆるい糖質制限もやってます ・犬好き、現役トリマー・アニメも大好き